facebook   Twitter   LINE  シェアお願いします。

新型コロナ感染者数増減傾向、各都市の人口変動傾向等の統計情報をまとめました。

データ更新日 5月20日7時10分
厚生労働省発表データ
 2020年5月19日発表データを反映
各都道府県発表データ
 5月18日までのデータを反映:秋田、山形、福島、栃木、千葉、富山、愛知、三重、滋賀、大阪、兵庫、島根、岡山、広島、徳島、高知、長崎、熊本
 5月19日までのデータを反映:上記以外

FAQ

厚生労働省発表データとは?
東洋経済オンライン・新型コロナウイルス 国内感染の状況のデータを使用させていただいています。詳細はリンク先をご覧ください。

各都道府県発表データとは?
私が各都道府県ホームページのコロナ関係のページで公開されている情報を集計したものです。感染者数以外のデータを公表していない都道府県がありますので、感染者数以外のデータは集計していません。

厚生労働省発表データと各都道府県発表データが違うのはなぜ?
それぞれの集計タイミングによる差と思われます。どちらのデータも移動平均は概ね同じ様な傾向ですので、傾向を見る上では特に気にする必要はないと考えます。

移動平均とは?
移動平均とは、ある一定区間ごとの平均値を区間をずらしながら求めたものです。 新規感染者数は毎週月曜日に少なくなる傾向が見られます。日曜日は病院が休みである場合が多いことが理由と思われますが、これだと新規感染者数の長期的な推移が分かりづらくなります。 病院や検査機関などの活動サイクルは1週間周期で動きますので、本サイトでは過去7日分の移動平均値を使用しています。 ただし、7日分の平均値だとグラフが滑らかになりませんので、7日分の移動平均値の結果に対して、さらに3日分の移動平均値をとった値としています。

予測の考え方は?
データが存在する最終日から遡って1週間の平均増減率が今後継続した場合の予測値を表示しています。最終日から遡って1週間の間の新規増加数が10未満の場合は予測は表示されません。この計算方法が理にかなったものかはわかりませんが、現在の自粛の頑張り具合を続けた場合の参考にはなると考えています。

新規感染者増減推移とは?
新規感染者の移動平均値の前日比増減比をグラフ化したものです。プラスの値は新規感染者が増加していることを示します。


FAQ



関連情報

新型コロナウイルス感染症について(厚生労働省)

3つの密を. 避けるための手引き(首相官邸)

いのちを守るSTAY HOME週間(東京都)